新たにCovid   2022年7月9日土曜日

・・・・・・・・・・・・・・・・・

阿倍元首相へお別れ :

Draghi イタリア首相の言葉 :「 安倍元首相が亡くなり、深いお悔やみを申し上げます。イタリアは、日本を 又民主的な論議が行われる日本の自由な空気を襲った、この恐るべきテロに、衝撃を受けました。最近の数十年間において、安倍元首相は 日本、又 国際的にも、政界での偉大な中心人物を 果たしてきました。これはひとえに、彼の常に革新を愛する心からきているものと、信じます。彼のご家族、友人、日本政府、日本の皆様のそばで、私達も悲しみを分かち合いたいと思います。」

(7月8日付け)

・・・・・・・・・・・・・・・・

Moderna – よい方向 :

オミクロン 4/5 に 対して、Moderna ワクチンは、第3回目接種後、強力な中和抗体反応を、示したそうだ。つまり、第1回目、2回目をした人が、それから1ヶ月後に 3回目をした結果、重要な 中和抗体反応が見られたと、いう事である。

( 6月23日付け)

UE – 0k 6番目公認のワクチン :

ヨーロッパ薬品公社( Ema )は、18才~ 50才に、Valneva ワクチンの使用を 認めた。これで、AstraZeneca 、 Johnson Read more

Read More

Covid病の今日この頃 2022年2月19日土曜日

Italia – 子供入院患者数 :1月は、212人(10日)、206人(17日)、210人(24日)、210人(31日)と、200人台が続いていたのが、2月に入って、やっと 少し減ってきたようである。2月7日を例にとってみると、0~4才が 96人、5~18才が 92人 (合計188人)。188人中 13人が 重症患者だった。この188人中、純粋にCovid患者だったのは 103人(54,8%) で、他の病気も あわせ持っていた患者は、85人(45,2%)だったという。1月31日の 210人中、113人(0~4才)は、ワクチンはまだだったから仕方がないとして、97人(5~18才)中、74,2%(72人)が、まだワクチンを打っていなかったのだそうだ。 (2月8日付け)Italia – 第4回目接種 : イタリアは 現在までに 3回の接種を実施しているが、4回目を行うについて、イタリア薬品公社のMagrini 総責任者は、考えていないと 述べた。そして、たぶん年毎に ワクチン打ちをする事になるだろうと思う、と語った。なんの前触れもなく Covid病が急にあらわれ、ワクチンが 急いで研究・準備され、95%の効果があると 研究結果が報告され、実際に実施した最初の3ヶ月間で、現実的に証明されたわけで、予想していたよりも 更によい結果を得られてよかったと思う。変異ウイルスがあらわれて、効果が 少し減少したというものの、ワクチンは 素晴らしい恩恵を 与えてきたといえる、と付け加えた。 (2月10日付け)Italia – 第4回目接種 Ok ?:免疫機能の過剰な働きを抑える 免疫抑制薬使用の人は、免疫反応を抑制するために、ウイルスに対する 免疫力が 低下している為、感染しやすくなるので、 Read more

Read More

雪解け ? 2022年2月10日木曜日

ニュージーランド – 少しずつオープン :Ardern首相の発表によると、2月27日から、オーストラリアからこの国に入るニュージーランド人は、入国後に 自宅隔離で 様子見になる。3月31日から、オーストラリアのみならず、全世界から入国するニュージーランド人、又 緊急事態発生時で入国する、ワクチン済みの、専門職(技術、警察、衛生関係等 )の人達や人命救助隊員は、隔離期間無しになる。4月2日から、最高5000人の外国人学生も上述と 同等の扱い。上述以外の入国は、10月までは ダメである。。。という事は、ニュージーランド観光は、10月までダメになるのかな…制約変更を期待しましょう。。。 (2月3日付け)WHO ヨーロッパ支部の見解 – 休戦 ?:ヨーロッパにおける Covid伝染病は 休戦状態に 入ってきたと言え、このまま終わりに近づいていくと、言えなくもない。ワクチン接種者増加や、 オミクロンが 軽症状だった、そして冬も終わりという、種々の条件が 重なったので、安らぎの期間に 入れるのではないかと思う。判断の要素となったのは、重症患者室が 意味があって増加しているわけではなく、死者数も落ち着いてきているという 事実からもきている。これで全部終わったとは もちろん言えないが、免疫性が 広がってきている現在、一息つけるという事は 好ましいので、これからも接種運動を続けていきながら、Covid病に 対処していこう。 (2月3日付け)Italia – 新しい規律 : * 戸外でマスク着用義務は、とりあえず 2月10日まで、続けたいようである。* ディスコを開けるかどうかは、意見が分かれているようだ。科学技術委員会は、まだ1ヶ月は閉店、その後に開ける許可を出したいようだが、政府としては、とりあえず2月10日までは閉店だが、2月半ば位から 開店の方向にもっていきたいようだ。そうすると、サン バレンタインの日に、ディスコは開くようだが…..*学校に関しては、1人感染者が出たらこうで、2人だとこうこうで、と子供をもっていない人には、何が何だかわからない、子供をもっている人も わからないけれど、現実問題として Read more

Read More

Green pass提示決行(Italia) 2021年10月19日火曜日

Genova港 :

15日午前0時から、いよいよ 労働者もGreen pass提示義務、が 始まった。この港で、Green passを持っていない反対者達のあるグループが、エチオピア ゲイトを 阻止し、事務所がある建物の外部を、取り囲んだ。ただ 50人位の、荷物上げ下ろし労働者達が、鉄柵の外で固まっていたが、彼らは 中に入れ、仕事をした模様である。 (10月15日付け)

無料作戦 :

全国イタリア薬局経営者連盟は 、経営者達に、「 コロナ検査にやって来る客が、ワクチン接種に同意するならば、コロナ検査費用を、無料にしたらどうか。」と 提案をしている。こうして、なるべく早く全国民の接種を、実現させたい 模様だ。。。そうでないと、薬局もたまらないだろう…..。。。 (10月15日付け)

Figliuolo ワクチン接種運動責任者 談 :

接種希望者が、予想以上に多くなってきている。昨日15日(金曜日)に、6万9000人が、第1回目のワクチンを打った。先週の金曜日に 比べると、1万人以上増えている。 (10月16日付け)

医者証明書 :

。。。日本でも 同等の証明書があると思うが、一応書いてみると、自分が病気の場合、ホームドクターに診断してもらい、休まないといけないのならば、その旨を医者に書いてもらい、会社に提出したら、正当な休み理由として 認められ、安心して ? 休めるわけだ。Green pass 反対で 会社に出勤出来なかったら、正当な休む理由にならないので(という法律でしたよね)。。。という事で、15日に、グーンと この医者証明書が、増えたそうだ。1週間前と比べると、1万7320人増しだそうで、22,6% 増ということになる。もちろん、風邪の季節になってきたので、その為の人もいたし、”めまいが…..” Read more

Read More

Green pass提示前夜 2021年10月16日土曜日

。。。9日土曜日に、No ワクチン主義者抗議を利用して、一部の人達が労働組合内部に侵入をして、事務器具等を、破壊した。弁護士は、「内部の写真を見てもわかるように、ピストルなどはなく、こん棒だったでは ないか」と、語っている。。。なるほど、そういう見方もあるのか。。。

そして、いよいよ15日から、仕事場でのGreen pass提示義務が 始まり、12月31日まで続く。罰金は、本人が 600~ 1500€、雇用者(検査を怠った)が 400~1000€。

Green pass 有効期間 :

1)2回目接種してから 1年間。 2)病気回復後6ヶ月間。 3)コロナ検査後 48(72)時間。

300万人の労働者が、まだ接種をしていないが、その内の 40~50万人が、病気回復後で 6ヶ月内の人達である。

コロナ検査をしないといけない人は、毎日100万人。

コロナ検査を受け付けられる州の機関が、毎日20万人受付可能。

1万店の薬局もがんばって受け付けている…..関係者の 話では、予約がピーク以上になっていて、予約無しにした薬局店もある。12月まで、予約を入れている人達も多い。。。

Fsp (警察労働連盟…Polizia の方。carabinieriには、別の労働組合がある ):の Mazzetti 書記長が、10月21日に Lamorgese内務大臣と 話し合う予定である、と 発表をした。仕事場に(9日に デモストップを命じられた警察官600人の 中にも、NOワクチン主義者がいたので、彼らは 行かなかったらしい …15人程 )行く場合の、Green Read more

Read More

Green pass反対(Italiaの場合)2021年10月12日火曜日

首相例 :

10月15日から、公務員は、職場に復帰する事に決まった。戻る際に、Green passも 提示しないと いけない (これは公務員に限らず、仕事する人は誰にでも、義務付けとなる)。だが、320万人の全職員中、32万人( 10%)は、まだ接種をしていないという、政府の推察である。 (9月24日付け)

費用 :

8月20日~9月15日の間に、接種をしていない人の入院費用が、全国で 6400万ユーロ(約83億8500万円)にもなったそうだ。5798人が入院をして、その内の691人が、重症患者だった。この報告は、カトリック大学の 医療システム 経済・経営学部からの報告である。 (10月7日付け)

Green pass Si o No :

1) 司祭が、接種をしない、だがコロナ検査を払うお金がないので(48時間毎か72時間毎にしないといけなく、1回に15ユーロかかる)お金をくれ、という信者に答えて、献金箱の 中から、お金を与える。

その教会がある場所の市長 :「 司祭の献金箱のお金の使い方に、単純に口をはさんでいるのではなく、献金箱に献金する人の中には、No接種者に反対、の人もいるかもしれない。又、これだけ努力して、我々の町から、コロナウイルスを追い払っているのに、それにストップをかけるような事を、してほしくない。」

2)日常品を運ぶトラック運転手の中で、No接種運動者達が、9日に、Roma で、Green pass反対の抗議集会を開くという。10月15日から、労働者は、Green passを持たない限り、仕事停止になるという法律に反対をするのだそうだ。もしも受け入れられなかったら、1/3の運転手は、仕事しないことになるので、日常品供給に、影響が出るだろう。接種をする、しないの決心は個人に任せられているのであるから、国が介入するのは、おかしい。

反対意見 :「 接種しても、それで100%免疫になるのではなく、病気にかかりにくくなる、という事だが、ここ数ヵ月の統計を見てみると、確かにCovidにかかりにくく、かかっても、重症になりにくいと、でている。接種をせず、コロナ検査をしても、それで安全だというわけでもなく、その後 もしかしたら、すぐ感染するかもしれない。その場合、感染度は、速いみたいなので、接種をした方がより良く安全だ。」

どうしたらいいのか、わからない人…..老人介抱を、住み込みで、仕事として働いている女性が多いイタリアである。この場合、女性が No Green Read more

Read More

水か空気かワクチンか 2021年10月7日木曜日

Italia – Piemonte州(州都はTorino) 必死対策 :この州の中で、60才以上で、接種をしていない人が、まだ15万8000人いるそうなので、地方保健局は、彼ら一人一人に、接種日時、場所を指定して通知をする事にしたそうだ。このようにして、決心できずの人達を、うながしたいと言っている。この州には、60才以上が 140万人いるそうで、その内の90%が接種をし、特に90%のうちで、95%が、接種を完了しているという事である。 (9月27日付け)

ワクチンの代わりに錠剤 :アメリカ合衆国の メルク製薬会社は、なるべく早く Covid防止の錠剤の認定を、申請したいと言っている。ワクチンではなく、錠剤でというのは、初の試みである。この会社の報告では、感染初期に、普通の人よりも 、感染の度合いが速いと見なされる人に試してみたところ、入院や死亡の 割合を、50%減に 抑えることができたのだそうだ。モルヌピラドル抗薬を、毎日4回、それを 5日間続けた結果だという。 (10月1日付け)

Fauci教授は、すごい !と、うなったのかどうか、ともかくこの錠剤の効果に、驚いていると、Cnnインタビューで、答えたそうである。アメリカ合衆国は、この所、Covid ぶり返しの 悪化していく状態に悩まされていたが、それをくつがえす知らせだ、とも語った。 (10月3日付け)

バティカン国 :

10月1日から、この国に入るのに、訪問客であれ、そこで働く労働者であれ、Green pass必須になったのは、我々の知る所だが、だから接種をしたくない人は、コロナ検査を定期的にすればいいわけだ。ところが スイス兵に限っては、全員接種が、義務付けられる事になった。教皇や、教皇のお客に、密接に接するからというのが、理由らしい。

スイス兵は、教皇の外国訪問でも、教皇の周囲を、背広姿で走っていたりする。なにも、あの独特の制服を、常に着用しているわけでは、ない…..そうだろうて、あの制服で、暗殺者を追っかけられるものか…..スイス兵は、教皇を守るのが任務なので、バティカン国内には、別に警察があり、la gendarmeriaと、呼ばれている。

現在 110人の スイス兵があり、内訳は、上官が6人、下士官が26人、兵士が78人。その78人中、6人が Noワクチン主義者であるが、義務になったので、その内の3人は、接種をOkしたが、あとの3人は拒否したので、去っていくそうだ。なお接種する3人も、2回接種完了までは、仕事停止になるとかである。 (10月3日付け)

EMA(ヨーロッパ薬品公社) :「 Pfizer ワクチンで行った第3回目接種は、抗体 ( 免疫の Read more

Read More

もう10月だ 2021年10月2日土曜日

。。。今回で 200回投稿です…..日本人観光客の方々、いかがでしょうか….もうがまんしきれない ? イタリアの青い海、カラッとさわやかな気候 ….中世の町並みの路地に、消えていってしまいたい ? 私達も首を長~~くして、待っています !!! 。。。Italia – Trento市(Milano から北東へ約230km):この地方でも、Noワクチン主義の医者達が、仕事停止に なっている。Trentoの医師会の Ioppiイオッピ会長にも、そういうわけで、脅かしの手紙などが、無名で届いているそうだ。会長は、集団生活をしていく上での 、皆の健康に関わる問題であるから、私達のやっている事(接種運動)は、正しいと、言い切っている。 (9月25日付け)

Italia – 狂っている温度 :・北イタリア…..特に北東で、雨、洪水、竜巻 ・中央イタリア….温度が下がり (最高29度とか)、26日に 行われるはずだった 、有名なViareggio の カーニバルも、中止になった。元々は、2月に あるのだが、コロナ騒ぎで、今年は9月に予定されていたわけだが、又々……残念 ! Arezzo地方も悪天候で、竜巻で 屋根が飛ばされてしまったり、木々が根こそぎ倒れたりしたが、幸い負傷者は、いなかったとか。デカイひょうも、降ってきたようだ。・南イタリア…..夏。30度以上になるそうだ。Calabria州の Tropea でも、透き通った遠浅の海で、人々が 泳ぎ、夏を謳歌しているのが、テレビに 映し出されていた。ただし 30日位から、この時期の 平常気温になるようだ。 (9月27日付け)

。。。チョッと、ガクッときましたか ? Read more

Read More

手探り状態 2021年9月28日火曜日

ファイザー談 :「 我々のワクチンは、5~11才にも効き目がある。まもなく その筋に、許可を求めようと思っている。今まで、12才以上は Okだったのだが、12才以下に接種出来るとなると、この伝染病にとどめを させるかもしれない。5~11才にも、2回目接種は、必要になる。」

(9月20日付け)

Italia – Roma :

Spallanzani伝染病病院研究所の Vaia責任者は、5~11才の少年少女に ワクチンを打つのは、早すぎると 思う、と 言っている。こういう 繊細な年代に接種する事に関して、科学者グループから、まだ Okは 出ていない。もしも イタリア国内や国外の 権威筋が Okと言うのなら、そして責任を持つのなら、私としては、言う事がないと、付け加えた。

(9月21日付け)

Italia :

Mattarella大統領が署名をした法律によると、公務員にしろ、そうでない労働者にしろ、Green pass無しの労働者は、それを持参するまで、彼らの欠席は、ちゃんと理由のある欠席とは、見なされない事になった。しかし、その欠席が、首切りには、つながらないそうであるが、給料は、最初の日から、払われないという事だ。2021年12月31日まで、有効。

(9月21日付け)

Ema( ヨーロッパ薬品公社) :が言うのには、第3回目接種が必要かどうかは、10月始めに、答えられるだろうという事だ。研究の成果から、免疫不全症患者( 免疫力が少ない患者)には、第3回目接種は、効果があるとわかってきているが、とりあえず、何よりも、全部の人に 接種を完了させるのが、大切だ。

(9月23日付け)

オランダ :

12才の男の子が、ワクチン反対主義の父親を告訴して、裁判に勝ち、ワクチンを打つ事が 出来るようになった。男の子は、ガンになった祖母を見舞う為に、万全を期すというのが、目的だったらしい。父親が、上告に持っていっても、訪問出来るだろうとの事である。

(9月24日付け)

Read more

Read More

世の中、変わらなかったか…. 2021年9月7日火曜日

。。。皆様、お久しぶりです ! ワンちゃんもネコちゃん2匹も、無事飼い主の元に戻っていきました。運搬用の小さなカゴというか、オリというか、に、それぞれ猫ちゃん達を入れる時は、手こずりました。猫ちゃん達は、入りたくないので、それなりに抵抗するし、ワンチャンは、そういう2匹を心配してか、バウバウ(私が聞くと、どうしてもワンワンなのですが…..) と吠えて動き回るし、で、 マア汗だくになりました。

休みの間に、恋いこがれている普通の世の中に戻るのかと、あわい望みを持っていたのですが、そうは問屋がおろさなかったようですね…..

よし、それでは、いつの日かに向けて、又々 頑張りましょう !!!

。。。

世界 ー 新変異株 ” Mu” :

WHOは、新しい変異ウイルス ” Mu” を、監視している。Colombiaで、1月に発見されたそうだ。正式の名前は、B.1.621であるが、WHOが毎週発表する、伝染病に関する掲示板に、この”Mu “を、載せた。Mu は、現在のワクチンにも抵抗出来る危険性があるらしいという事だ。

Muは、5番目の変異ウイルスである。最初のColombiaでの発見の後に、他の場所の、南アメリカでも、発見されたが、ヨーロッパでも、見つかったという。とりあえず、まだ 10万人につき、0,1%の普及率でしか ないらしい。

(9月2日付け )

Italia – コロナ検査 : Green pass の条件の一つに、コロナ検査を48時間以内にして感染無し、でもいいのだが、その検査は、薬局でも行える事になっている。その際に、無料だったり、公定価格料金だったりしたのが、自由価格になるそうだ。その公定価格が、9月30日までというのだったのが、11月30日まで延長された。最初は、野党からの要請で、12月31日までしたかったのだが、数量の関係で、11月30日に落ち着いた。

(9月2日付け)

Italia とヨーロッパの感染度 (ヨーロッパ疾病予防管理センターEcdc発表):

Lazio州(州都は Read more

Read More