最後通告 2022年4月26日火曜日

。。。Mariupol マリウポリは、ウクライナの 南東部にあるアゾブ海に面している 約43万人の港湾都市であるが、この街をめぐって 、ロシアとウクライナの 必死の攻防戦が繰り広げられている。大量の製品を輸出しようと思ったら、港が必要なので、まあ別の理由もあるだろうが、どちらも絶対に譲れないらしい。そのマウリポリが、どうやら ロシア軍の手に落ちようとしているのか 、又は ウクライナ軍が盛り返すのか 今日この頃が 山のようだ。

。。。。。時刻は 正確ではないのですが、大体の流れで 書かれてあります。。。

難民救助プラン :

ウクライナの Veresheuk 副首相が telegram に載せた所によると、難民救助プランを 一時 停止する事になったそうである。これは、戦争を一時停止して、難民救助プランを優先させるというロシア側との協定をしたいのだが、交渉が 不可能の状態なので、一時停止することにしたそうだ。 (4月17日付け 10:40 )

最後通告 :

これ以上抵抗するようであれば 全滅させるぞ、と言っているのは、ロシアの防衛大臣であり、マウリポリのAzovstal製鋼所で抵抗して戦っている * ウクライナAzov軍に向けて送られた 警告である。降伏か 否かの 最後通告が 発せられたわけだ。降伏したら 命は 助けると言っている。。。何だか信じられないが。。。 Read more

Read More

ウクライナ戦争の怒り 2022年4月14日木曜日

。。。Kharkiv ハルキウ…ウクライナの北東部にある、143万人の、キエフについで ウクライナ第2の都市。。。Kharkiv :「 ロシア軍からの爆弾が容赦なく落ちる中で、街の中では壮絶な 闘いが 繰り広げられている。ロシア軍は 住宅地域への爆弾投下を切れ目もなく行っているが、我々は 前にもまして 一弾となって抵抗を続けており、決して根をあげないだろう !!! 」 とBbc(英国放送協会)に語っているのは、Terekhov市長である。 (3月2日付け)

Putin – 泣けてくる彼からのメッセージ:

「 ロシア軍は、ウクライナ市民に 人道的援助を行っているが、ウクライナのネオナチスティが、それを妨げ 市民を生きる盾として扱っている。」と、Putinは語り、ロシア兵を 真の英雄 と呼び、負傷兵や死んだ兵士の家族に、補償金を提供すると 発表している。

「 ロシアとウクライナは 唯一 一つの民族であると、以前 私は宣言をしたが、それを変える意志は、毛頭 無い。その事について の介入は、誰一人として 許さない。」

「 ロシア兵は 平和のために 闘っている、反ロシアのイメージを 取り払わないといけないからだ、これは 西洋から植え付けられたイメージであり、西洋は 我々を脅かしている、核兵器もちらつかせている。」

Read more

Read More

ウクライナ戦争の怒り 2022年4月14日木曜日

。。。Kharkiv ハルキウ…ウクライナの北東部にある、143万人の、キエフについで ウクライナ第2の都市。。。Kharkiv :「 ロシア軍からの爆弾が容赦なく落ちる中で、街の中では壮絶な 闘いが 繰り広げられている。ロシア軍は 住宅地域への爆弾投下を切れ目もなく行っているが、我々は 前にもまして 一弾となって抵抗を続けており、決して根をあげないだろう !!! 」 とBbc(英国放送協会)に語っているのは、Terekhov市長である。 (3月2日付け)

Putin – 泣けてくる彼からのメッセージ:

「 ロシア軍は、ウクライナ市民に 人道的援助を行っているが、ウクライナのネオナチスティが、それを妨げ 市民を生きる盾として扱っている。」と、Putinは語り、ロシア兵を 真の英雄 と呼び、負傷兵や死んだ兵士の家族に、補償金を提供すると 発表している。

「 ロシアとウクライナは 唯一 一つの民族であると、以前 私は宣言をしたが、それを変える意志は、毛頭 無い。その事について の介入は、誰一人として 許さない。」

「 ロシア兵は 平和のために 闘っている、反ロシアのイメージを 取り払わないといけないからだ、これは 西洋から植え付けられたイメージであり、西洋は 我々を脅かしている、核兵器もちらつかせている。」

Read more

Read More

戦争という名の犯罪 2022年4月5日火曜日

。。。私達の目の前で、今回の大惨事が起きてしまって、いう言葉がありません。。。

キエフから 北西へ約60kmの街 Bucha ( 住人は3万7000人位 )は、やっとロシア軍から 解放されたのだが、その後 入ってきたウクライナ軍は、道路上に 市民の死体が あちらこちらに 散らばっているのを 見つけた。ウクライナ政府は 、「 断固とした 大量処刑である。新しい制裁を ロシアに課することを 、G7に要求する。」と発表をした。ウクライナの Kuleba外務大臣によると、ロシアは 出来る限りのウクライナ人をまっ殺するのが 目的なのだ、と言っている。300人の死体が 溝の中にあるのが 発見されたが、そのうちの57人は、一つの ”長い” 溝の中に 入れられていた。

「 銃無しの、無抵抗の市民ばかりなのに、ロシア兵は、銃殺していった。」と、大統領の顧問である Podolyak 氏は、twitter に 載せている。そして、一枚の写真も載せたが、それを見ると、3人の死体の内、1人は、背中の後ろで、手を縛られていた。その事は、近くにいた 記者からも確認されている。

*HRW (Human Rights Watch ) :

Read more

Read More

戦争からのブーメラン 2022年3月24日木曜日

Italia – ウクライナからの輸入品 :とうもろこし(10年前まで、イタリアは、自国の自給自足で足りていたのが、現在は、53%を輸入している。ウクライナからも 輸入大) 、ひまわりの未加工油、穀類 等。

ウクライナから UE27ヵ国に向けての輸出品は、2020年 総額 54億€ ( 約 7097億3944万8966円 )で、イタリアは 第10番目の 輸入国だという。(2月26日付け)

Italia – 磁器陶器製造業者 :ガス使用の業者は、大変だ。ある北イタリアにある この種の業者は、2021年12月のガス支払いが 800€ 位(10万5000円位)だったのが、現在は 2550€位(33万5500円位)に なってきているという。ロシア向け製造で、便器とか 器とか、ロシア向けのサイズを、製造している。(2月28日付け)

Italia – パン屋/ケーキ屋 :borgoで有名な 、Calabria州のTropeaの近くにある Vibo Valentiaの、パン屋でもあり ケーキ屋でもある業者が、もう製造を中止するしかないと 嘆いている。パスタの値段を、2倍にしないといけないそうだが、わずか1ヶ月後に パスタみたいな製品が 2倍になるなんて、考えられないではないかと、言っているわけだ。ガス支払いが、戦争以前は 5000€(約65万8000円) Read more

Read More

そっちがそうならこっちも 2022年3月22日火曜日

。。。2月24日に 戦争が 始まって。。。

ロシア軍司令官達 :UEは、ロシアの Shoigu防衛大臣と 軍司令官達に、制裁を課した。一連の UEが用意した制裁の中に 入っているもので、分離主義者達が 認めた ウクライナの2つの地域の独立を、ロシア政府も認めたことに対する返答である。UEは、財産の凍結と、高位階級の査証禁止を課した。高位階級とは、例えば、ロシア軍 ( 陸、海、空 )の司令官達、ロシア参謀長、国営TVチャネルRT会長、外務省報道官、などである。(2月24日付け)

ロシア金融の危機 :Von del Leyen 委員長談 :「 ロシアが攻撃を続けるのは、不可能だ。もう少ししたら、ロシアへの厳しい一連の制裁を、明らかに出来る。経済的な制裁になるだろう。この制裁は、ロシア経済に大打撃を与え、しいては、ロシア成長を抑制し、工業の地盤を侵食することになるだろう。ロシア政府が 重要な技術に近づく事も、制限する事になるだろう。」(2月24日付け)

ヨーロッパ評議会 :ヨーロッパ評議会閣僚委員会では、イタリアが現在 議長を務めているが(Di Maio外務大臣)、ヨーロッパ評議会の法律8条により、ロシアを除外することに決めた。ウクライナへの、ロシア軍の受け入れられない攻撃を明らかにする為の 必要措置であるというのが、理由である。(2月25日付け)

ロシア商船ストップ :サンクトペテルブルクへ車を積んでドーバー海峡を航行していた ある商船が、Boulogne – sur – Mer 市に、進路を変えさせられた。その地方の海事局が、その商船を ロシア企業の船ではないかと 疑ったようだ、というのは、いよいよロシアに対しての UEの制裁が、始まったからだ。全長127mの大型船で、25日から26日にかけての晩に、税関で 足止めを食う羽目になり、船員達19名もそのまま。ロシア政府は、「 Read more

Read More

そもそもミンスク議定書とは ? 2022年3月19日土曜日

。。。何だか 何もできず、 いつまで 指を加えて ウクライナの戦争をみていないといけないのかな…..Natoが介入したら 第三次世界大戦になるかもしれないとわかっていても、どうにかならないか と思う事しきり…..。。。

。。。最初 Postinoで ウクライナに触れた時に ( ”ウクライナといえばナイチンゲール ” 2022年2月1日)、何故だか 一番肝心なミンスク議定書を書いていなかった…..やはり素人がする事は、抜けています…..。。。

議定書….特に外交交渉などでの議事を、記録し 調印した文書。

ロシア政府報道官 談話:「 西洋の国々は、*ミンスクの議定書を破り、ウクライナへの軍隊送りや 武器提供の準備ができているという。残念ながら ウクライナは、アメリカ合衆国やNato同盟国の 支持を受けていると言わざるを得ない。彼らが ウクライナや 黒海へ 現れようと、骨身を惜しまずに軍隊面を強化しているのが見える。」(2021年 11月17日付け)

*ミンスク議定書…..2014年9月5日に結ばれた 議定書。ドンバス地域での、戦争停止が目的であり、議定書にサインをした国は、ウクライナ、ロシア、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国である。ベラルーシの首都ミンスクで、行われた。

仲介国は、フランス (当時はHollande大統領)とドイツ (当時は Merkel連邦首相)。あと、OSCE(欧州安全保障協力機構)

ウクライナの南東地域に Donbass州があり、その中で ドネツク地域と ルガンスク地域の分離主義者(ロシア寄り)達が、ウクライナからの独立を主張し、国民投票で、この2つの地域は、それぞれ人民共和国を 宣言した。それを良しとしないウクライナ(Natoから支えられた)と、分離主義者(ロシアから支えられた)の闘争が始まった。5ヶ月間の闘争の後に、2014年9月に やっと、”戦闘停止” Read more

Read More

ウクライナ状況 2022年3月12日土曜日

2月25日 (金)…..戦争2日目 :

0:15….ロシアからの攻撃に備える為に、キエフの住人に 1万の自動小銃が、配られた。ウクライナの内務省よりの情報である。1日目の戦闘で、137人の死者、300人以上の負傷者が出た。

分離主義者のいる東のDonbassから、占領されている南のクリミア半島から、ロシアと共同戦線を張っている北のベラルーシから、ウクライナの領土に 侵入してくるロシア軍の攻撃が、始まった。

6:00…..キエフ上空に、ミサイルが飛び交い、街の建物を破壊している。

6:50…..Zenelsky大統領談 :「 我々は、孤立している。世界は 遠くから 何が起こっているのか 眺めているだけだ。制裁は ロシアに対して、効果がなかったみたいだ。」そして大統領は ロシア語で、この戦争を賛成しないロシア人達に 呼び掛けた : 「 今日の晩から、キエフの住居に、爆弾が 落ちている。*1941年を思い起こすでは ないか !皆、外に出て 抗議してくれ ! 我々を 信じて、我々のために、戦争に反対を して、闘ってくれ ! 」

*1941年 キエフ近くで 起こった大量虐殺…..Babyn Jar(Babij Jar)として知られている堀又は溝で、そこで 3万3771人(1万~1万5000人のユダヤ人、囚人のソビエト人、ロム…ジプシー…) が 、ナチスとナチスに 協力していたウクライナ人により、殺された。

Read more

Read More

Italia Covid情報 2022年3月10日木曜日

。。。ロシアは、3月10日(イタリア時間)に 、ウクライナのMariupol の子供病院を、爆撃したが、前日の9日に Putinは、「 西洋の国々が我々に課す制裁に対して、すぐに、”万人が認める大切な場所” に報復出来るように、検討中だ。」と発表したが、多分 この病院爆破が その答えなのだろう。Putinは、どんな事にでも 目をつぶれるというのだろうか !! 。。。

平均寿命 :Covidが原因で、Italiaの平均寿命が、83才から 82才になった。性格に言うと、1,32 才 縮んだという。 Padova大学の Mazzuco教授と、Ca’ Foscari大学の Campostrini 教授が、国際雑誌 Plos-one に載せた。ロシアは 2,16才下がり、アメリカ合衆国は 1,85才、グレート ブリテンは 1,27才と、下がったそうである。2021年に関しては、現在研究中だが、少し寿命が伸びてきている国の中に、イタリアも 含まれているという事だ。(2月10日付け)

第4回目接種 :最初の州は Lazio。初日の接種者には、州の方から直接に連絡がいくわけで、移植手術を行った患者、透析患者、免疫抑制患者が対象になる。2日目から、 保健省が発行した通達の中で、それに 該当する人が、オンラインで 予約出来るそうだ。(2月23日付け)

難民到着 :現在、ウクライナからの難民が続々と到着しているが(3月7日までで、1万7000人)、ウクライナでの接種率は 35%という低さなので、感染を注意して 、その対策に 当たっているという Read more

Read More

Italia石炭火力発電 2022年3月5日土曜日

。。。ウクライナと ロシア( ロシアというよりは、プーティン大統領の、と 言われている )の戦いが始まり、何としても 早急にやめないといけない。2月28日に、 ロシアからと、ウクライナからの代表団の話し合いがもたれたのだが、5時間後、代表団は 一端帰国した。その席上で、ウクライナ側は、ロシアのウクライナからの完全撤退を希望し、ロシア側は 、クリミア半島をほしい事と、ウクライナの中立を望む事を主張したようだ ….

イタリアは、燃料費値上げが 、目立ってきている。ある陶磁器製造会社は、 ガス使用が 当たり前なのだが、そのガス燃料費を、2021年12月に 800€ ( 約10万4000円 )払ったのが、今回は 2550€( 約33万円)になったとかで、やっていられないと 嘆いている。そこで、イタリア自身が ガスや 石炭などの燃料を、 自主製造しよう、というのが クローズアップされてきた。。。

ロシア – ガス輸送 :ロシアのGazpromエネルギー会社は、通常通り ガスをウクライナ領土を通過させながら、ヨーロッパに送る事を、認めた。この会社の Kupriyanov報道官の発表であり、ロシアの Tass通信社の記事である。(2月27日付け)

。。。ロシアの多くの銀行が 制裁を受けている中、そうすると Gazpromには、通常通り支払いが 行なわれるわけで、Gazpromの株を 50%もっているのが ロシア政府であるから、ヨーロッパから支払われたお金でもって、ロシアは 戦争を続けられるという皮肉な結果になるのかもしれないと、ある新聞記者が Read more

Read More