肝心のCovidは 今?2022年9月8日木

Italia – 嘆き :

高齢者が、第4回目のワクチンを積極的にしないと言うので、専門家が 嘆いている…..うっかりCovidに対しての注意を緩めたら、秋になったら、Covid再開の危機に又々 さらされるだろう。高齢者が 多く 亡くなるだろうが、その内の 80%は、4回目ワクチンをしていない人達だろうよ。制約を除いていったら、Covidが暴れる下地を、作るだけじゃないか、と 警告をしているのは、Cattolica 大学の 衛生部門を扱い、イタリアの保健大臣の顧問も担当している Ricciardi教授である。

(6月18日付け)

ワクチン会社モデルナ :

が、ファイザー/ ビオンテク 会社に対して、告訴をした。理由は、ファイザー/ビオンテク会社 のワクチンの中に、モデルナ会社の技術が 使われているそうで、この技術を、モデルナは 2010年と2016年に 登録したそうである。この革新的な mRna技術 開発の為に、モデルナは 何十億と 投資したそうで、彼らModerna の権利を 守りたいと言っている。

ファイザーへの告訴は、マサチューセッツ地方裁判所へ持ち込まれ、ビオンテクへの告訴は、ドイツの地方裁判所へ、なされた。mRna 技術権利について、誰が着想したのかの闘争は、ますます エスカレーションしている。

専門家が言うのには、誰が勝つにしろ、金額は とてつもなく高くなるだろうとの事だ。なにしろ、2022年 の Covidワクチン( mRna使用) の売り上げは、520億ドルにも、達するらしい。円に直すと Read more

Read More

ロシア人の良心2022年5月31日火曜日

ある外交官の決意 :

彼は、ジュネーブで働くロシア人常任外交官だが、ウクライナへの ロシアの侵入が理由で、辞職した。「 自分の故郷について、こんなに恥ずかしく思った事は ない。」と、国際弁護士を通じて 述べている。

「 Putin が 扇動して始めたこの戦争は、ウクライナ人に対しての 犯罪そのものでしかない、同時に ロシア人に対しても 犯罪だ。この戦争によって、自由な豊かな社会が 消えてしまったからだ。」

「 私の20年間の 勤務中、外交に関しての 私の国のいろいろな政策をみてきたが、2月24日以来の 外交政策は、恥ずかしいの一言につきる。」というので、彼は、高い地位の外交官なのだが、今回の戦争に抗議して 辞職をした。

国連の インターネット サイトの、ロシアの 常任任務のページには、彼は 顧問として 載っている。

彼は 他の外交官と 共に、「 この戦争を考えついた 奴らは、一つの事を 手に入れる事しか 考えていない。権力を 永遠に 自分の物にして、宮殿ともいえる豪華な館に住み、ロシア艦隊並みの 豪華ヨットで 航海をし、無限の権力や、何か犯罪を犯しても、罪に問われない特権を駆使して 、人生を Read more

Read More

下り坂のCovid?2022年5月24日火曜日

。。。又々 曜日を間違えました 。もう少し書きたかったんですが、とりあえず送りましょう。皆様、良い一日をお過ごしください。日本の方には 、良い睡眠を 、ですね !! 。。。

Italia – 無症状感染者 :

ナポリの Ceinge バイオテクノロジーの研究者達が、約800人の DNA の見本を 分析した。この800人は、Covid – 19 に 感染したにも関わらず 無症状でいられる人達で、危険度が高いといわれる お年寄りも 混じっている。研究成果は、雑誌 Genetics in Medicine に 発表された。

無症状感染者の体の中では、少なくとも 3つの 突然変異がなされているといい、その突然変異 に現れてくる 遺伝子は 珍しい遺伝子なのだそうだ。そうしてこの珍しい遺伝子が、免疫システムが行われている最中に現れる遺伝子を 弱くさせながら、活動を続けていくのだそうである ( 。。。何となく わかりそうですかね……)

Read more

Read More

Covidゼロなんてありえない 2022年5月12日木曜日

Italia – 新変異株 XJ :

イタリアで 初めて、XJという 新変異株が 発見されたが、このウイルスは XEと同じだという事らしい。発見した研究所は、Reggio – Calabriaにあり、その結果はイタリア国立衛生研究所(ISS) に送られ、認められたそうである。元々このウイルスは フィンランドでごくわずかなケースとして、発見されていた。オミクロン BA.1と BA.2の子 であるという。

XJは、より感染度が高く、フィンランドからの報告もそうで、タイでも 発見されているそうだ。イタリアでのオミクロンは、80%が オミクロン 2であるという。

(4月8日付け)

Italia – 新変異株 XF :

初めて イタリアで XF という Sars – Cov – 2 の変異株を研究所が孤立させて、 遺伝子配列をするのに、成功をした。このXFは、デルタとオミクロンが 融合したものであり、* Read more

Read More

話題の小箱 2022年5月5日木曜日

talia – 穴掘りギャング :

ミラノで起こった事件。2020年11月3日、ある銀行から 100万€ ( 約 1億3670万円 )が盗まれ、盗賊達は 地下の排水溝から逃げていった事件で、2021年5月18日に逮捕された。

8人の被告は 最初 沈黙の姿勢をとったが、やがて7人が * 短縮裁判を望み、裁判の結果 3年6ヶ月~7年の刑を宣告された。残る1人は、普通裁判を 希望している。

*短縮裁判 ( il processo con rito abbreviato )…..被告は この種類の裁判を要求できる。被告は、 自分に有利な証拠提出を 断念するかわりに、減刑や裁判短縮を 得る事が出来る。この盗賊団は、長い間 盗む手口を研究した結果、結局 古い方法を選んだようだ。ミラノ市の地下を走っている排水溝 ( 1500km以上になる )の地図を手に入れ、ねらっている銀行の床を正確に見つけ、近くの建物から 穴を掘っていったらしい。一旦 銀行内に侵入したら、銀行の管理責任者や事務員2人をピストルで脅したが、金庫は タイマー式で 、セットした時間でないと Read more

Read More

これからが難しい 2022年1月22日土曜日

Italiaは、1月10日からの首相令で、飛行機、列車、公共交通機関、フェリー等に乗車するのに、 スーパーグリーンパスが必要になった。要は、自分や友人の車以外は、必要と思うのが 無難なようだ。Taxi は、何の証明がなくても Okだったと思う。そうでないと、死にそうな人を病院に運ぶ時にも、見せるのに手間取るなんて、考えられない !

Italia – 神も仏もあったみたい :

。。。スーパーグリーンパスを持っていなかったので、フェリーに乗れなかった人 ( Postino ”2年経ってどうなった” 2022年1月13日木曜日)、のその後 。。。

Reggio Calabria市 (Calabria州 )の民事裁判所は、スーパーグリーンパス無しで フェリーに乗船する事を認めた。

Fabio Messinaさんは 商用が終わり、シシリー島に帰るというので、車と共に Villa San Giovanni ( Calabria州側の フェリー乗り場の町 1万2886住民)に たどり着いたのが 1月14日(月)。だが、そういうわけで乗船できず、最初の夜は 車の中で、2日目からは ある家族の好意で その家に宿泊出来たが、その間 告訴を提出していた。

裁判の結果、彼の方に 軍配が上がり、乗船出来ることになった。切符を買い、コロナ検査で無感染を証明し、裁判所の証明書を提出した後に乗船、となるそうで、乗船中 Read more

Read More

深刻さを増すCovid  2022年1月8日土曜日

Italia – 接種反対者 :

Vicenza ( Veneto州。Veneziaから西へ約70km)…. 48才位の男性が 2週間前位に感染し、どうにもならないくらいに ひどくなったので 、28日(火)に病院に運ばれたのだが、呼吸不全の為、気管にチューブを入れて呼吸を助ける処置をしようと、本人に許可を求めたが、拒絶された。この男性は 接種反対者であり、医師達は、生き延びるには、 余り選択の余地がもう無い位に重症だと 言ったのだが 聞き入れてもらえず、病院到着後、数時間で 亡くなってしまった。3人の子供のうち、長男が ビデオ電話を通して 懇願したのだが、無駄に終わったようである。

(12月31日付け)

Italia – 偽グリーンパス :

Toscana州 (州都は Firenze )….ある医師が、人々に接種するふりをして 実際はせず、接種をしたと、偽りの証明を出していた事が 捜査した結果わかり、自宅逮捕となった。大勢の接種反対者達が、この州のあちらこちらからやって来ていた。もちろんグリーンパス作成の為である。現在19人が 取り調べを受けているという事だ。

(12月31日付け)

世界 – オミクロン :

は、肺よりも、主に のどを 集中的に襲うようだという、だから 感染度は速いが、他のウイルスと比べると、死亡率は Read more

Read More

トンネルの果てに今度こそ光 が ? 2021年9月23日木曜日

Italia :

Green pass制度が 採用されてから、イタリアの美術館の 入場者数は、2020年に 比べて、150%増しになった(。。。よりによって、2020年と比べるなんて。。。)と言っているのは、Franceschini文化大臣である。入場者は、他の入場者も Green passを見せて入ってくるのだから、お互いの安全性を感じて、安堵するわけだ。Green passは、確かさ、穏やかさを、人々に与える、と大臣は 語った。

(9月15日付け)

Italia – Franceschini文化大臣 談 :

「 列車の場合、Green pass 持参なら、100%の座席が埋まってもいいのなら、劇場や映画館は、まだ50%などの収容能力制限があるのは、おかしいじゃないか …. この間の内閣の話し合いでは、主に日付けについて話し合われ、収容力については、触れなかった。とりあえず、9月30日まで待って、科学技術委員会の意見を聞いた後に、決めることになるだろう。 」

(9月17日付け)

Italia :

「 ヨーロッパで、コロナウイルスの広がりが 、ゆっくりと減ってきているが、イタリアは その中でも、感染の度合いに、ブレーキがかかってきている。」と 認めているのは、国立衛生研究所のBrusaferro会長である。「 やはり、接種のおかげだと思う。特に最近の傾向は、明らかに減少に向かっているようだ。」と 述べた。

(9月17日付け)

アメリカ合衆国 :

アメリカ人にとって、第3回目接種は 無し、になるようである。Biden内閣は、ファイザーワクチンで Read more

Read More

感染の心配 2021年9月14日火曜日

。。。前回のPostinoで、Salvini談と書きましたが、Salvini党首談、に 書き直します。別に故意に、書かなかったのではありませんので、御了解を。私も、 反対意見を唱える場合でも、” 市民的に、嫌がらせ無しに” 、書きたいと思います。(言葉のあやというのは、ささいな事でも 恐ろしい ~ )。。。

Italia – Figliuolo 接種運動責任者 談 :

ワクチン接種反対、を唱えるのは、一つの考えであり、市民的に抗議する限りは、良しとしなければならない、と 、過激的Noワクチン グループについて 聞かれた時、Figliuolo責任者は、そう答えた。又、接種について まだ迷っている人が多いと聞いたが、悲しむべき事だ、と語った。

(9月9日付け)

。。。現在 接種は義務ではないので、接種しない人は、コロナ検査をするわけだが、その費用は、今の所無料、しかしまもなく本人持ちになりそうなので、おかしいのでは、ないかしら……接種が無料なら、コロナ検査も無料にするべきでは、ないのかな ? …… と思っていたら、与党議員の話の中で、集中治療患者に対する毎日の治療費が、莫大なことにも、左右されるらしい、と聞いた。ので、費用を調べてみると…..集中治療患者にかかる、一日の費用は 、平均して 1500ユーロ(約19万5300円)。17日間は治療室にいるらしいので、州にかかる負担は、大変な金額になるらしく、だいたい2500万ユーロ( 325万円5000円位)になるという事だ。ウーム、こうなると どの道 しぼりとられるのは、州民の 私達になるのだが…….。。。

ヨーロッパ連合国(=UE) :

議会の意見調査によると、ヨーロッパ内において、イタリア人が、最もワクチンやGreen pass に賛成であるという報告が、出ている。調査は、2021年 8月17日~25日にかけて、行われた。72%のUEの住民や、77%の イタリア人は、ワクチンにおいて、マイナスよりもプラスを認めているという事だ。Green pass重視もそうで、旅行する上で、最も効果があるとみなしているのが、ヨーロッパ人で65%、イタリア人で、75%だそうである。

Read more

Read More

基本的人権侵害か Green pass 2021年9月9日木曜日

。。。Green pass について、お互いを保護して、社会生活を助け合っていこう、という観点から Green pass 賛成、いや人間の基本的人権を侵すので反対だ、と、議論は、なかなか下火に、ならないようです。人間のDNAは、全て違うので、考え方も様々なのでしょうか。。。

Italia – Green pass …..8月6日から、Green pass 提示が義務になる場所、が法律になり、更に、9月1日に、学校関係などが 新たに加わった。有効期限は、今年12月31日まで。

必須 :

衛生関係従事者、学校関係従事者、大学の学生も。オレンジ色地帯や、赤色地帯に、行く時 。飛行機、船、州超えのフェリー。メッシーナ海峡は、Green pass無しで、OK。

新幹線、州超えの列車(= インターシティ)、州超えのバス。祭り、式、病院の待合室、レストラン室内、観劇、スポーツ観戦、博物館

6才以上から、ヨーロッパ旅行をする場合 ; 又、イタリアに入国する場合。6才以上から、結婚式や、宗教式典に、参加する場合。

必要無し :

12才以下。Green pass免除の人 (高等学校以下の生徒)健康上、接種不可能な人。教会に入る場合。

(9月1日付け)

Italia – Torino市 :

高等学校の2人の先生が、警察に 告訴状を 提出した。訴えられた人は、その学校の校長である。理由は、2人は Green pass Read more

Read More